増水している鴨川(7月8日午前9時35分、京都市北区西賀茂樋ノ口町)

増水している鴨川(7月8日午前9時35分、京都市北区西賀茂樋ノ口町)

土砂流出で通行止めになっている府道雲ケ畑下杉坂線(7月8日午前9時45分、京都市北区上賀茂十三石山)

土砂流出で通行止めになっている府道雲ケ畑下杉坂線(7月8日午前9時45分、京都市北区上賀茂十三石山)

 京都府と滋賀県は8日早朝、非常に激しい雨となり、京都市で一時避難指示が出るなどした。京都・彦根の両地方気象台によると8日昼前までに激しい雨は峠を越えたが、今週末にかけても雨が断続的に続くと予想される。気象台は、引き続き京都府南部や滋賀県各地に大雨警報を発表し、土砂災害などへの警戒を呼びかけている。

 8日午前10時までの72時間雨量は、滋賀県米原市甲津原で374ミリ、長浜市柳ケ瀬で243ミリ、京都市左京区鞍馬貴船町で266ミリ、京都市北区中川で244ミリとなっており、土中の水分量が多くなっている。このため、少量の雨でも土砂災害が起こりやすい状況が続くという。

 両気象台は、9日正午までの24時間に、府南部40ミリ、府北部30ミリ、滋賀県40ミリの雨を予想している。