武田信玄や徳川家康は治水対策にも優れた名将だった。堤防に不連続な開口部を設け、洪水の一部を逃がすようにした霞堤(かすみてい)は、信玄の考案とされる。家康も同様の発想で広大な遊水地を造っている▼近世の農民の水防の知恵も奥が深い。河川工学者・大熊孝さんの著書「洪水と治水の河川史」は、当時の農書にある豊富な減災方法などを紹介しており、今でも通用しそうな心得が数多く並ぶ▼例えば、堤防沿いの竹やぶや樹木を大切にして、水害の防備林にする。いざという時にそこへ洪水を越流させて減勢し、土砂を堆積させる。その際に越流の勢いで堤防が崩れないよう、水深を浅くして幅広く何カ所でも越流させよと説いている▼水害を不可避のものとみて被害を最小限にする知恵は、京都の桂川沿いにある桂離宮の高床式の構造などにも生かされているという。雨は恵みだが、時に牙をむく。その脅威と何とか折り合いをつけて生きてきたのが日本の暮らしなのだろう▼国は堤防やダムだけに頼らず、地域ぐるみで住まい方を工夫したり、貯水池を整備したりする「流域治水」への転換を掲げている。先人の知恵からも大いに学びたい▼強まる気候変動の脅威から命と暮らしをどう守るのか。九州など各地を襲った無情な豪雨災害が突きつける問いである。