滋賀県警大津北署

滋賀県警大津北署

 滋賀県警大津北署は9日、業務上横領の疑いで、大津市、会社員の男(48)を再逮捕した。

 再逮捕容疑は、昨年1月15日~5月11日、経理主任として勤めていた同市内の観光事業経営会社の事務所の金庫から、42回にわたり現金計約230万円を横領した疑い。同署の調べに対し、容疑者は容疑を認め、「競馬で全て使った」と話しているという。

 容疑者は6月、同事務所から切手計60枚(時価計7200円)を盗んだとして逮捕されていた。