北海道の旭川医科大病院で昨年までの数年間、病理組織やコンピューター断層撮影(CT)の検査報告書の確認不足などで、がん患者ら男女8人の診断が遅れたことが9日、同病院への取材で分かった。治療にも影響し、うち3人は既に死亡した。病院側は10日に記者会見を開き、詳しい経緯を説明する。

 病院によると、数年前に患者1人の検査報告書の確認不足による診断遅れが判明。病院全体で調査したところ、この患者のほかに計7人の診断遅れが見つかった。既に患者3人が死亡しているが、診断遅れとの因果関係は明らかにしていない。

 病院の広報担当者は「重大なミスで危機感を持っている」と話した。