城陽市役所

城陽市役所

 京都府城陽市教育委員会は10日、同市の4小学校で同日提供予定だった献立のうち「野菜と豚肉の黒酢炒め」に、アルミニウムの破片(縦1センチ、横1ミリ)が入った可能性があったとし、提供を中止した。

 同市教委によると、学校給食センター(同市富野)で、久津川小や古川小など4校分(計約1550食)の黒酢炒めで使った釜のふた(直径約130センチ)を洗浄中、アルミ製の縁が一部はがれていたのを職員が発見。黒酢炒めは各学校に配送されていたが、提供を取りやめた。
 回収後の調査では、破片は見つからず、他の献立にも影響はなかった。ふたは近く補修するという。