白いドレスをまとったように見えるキヌガサタケ(京都市東山区・高台寺)

白いドレスをまとったように見えるキヌガサタケ(京都市東山区・高台寺)

 真っ白なドレスをまとったようなキノコ「キヌガサタケ」が、京都市東山区の高台寺境内の竹林で姿を現している。竹の緑に囲まれ、美しさを際立たせている。

 優雅な見た目から「キノコの女王」とも呼ばれ、主に梅雨時期に竹林で生える。成長スピードが速いことでも知られる。朝方に軸を15センチほどに伸ばし、数十分でスカートのような網状の部位を広げる。午後には崩れてしまうため、その姿が見られるのは数時間という。
 竹林に沿った回遊路から運良く見つけた参拝者らは「不思議な形」と興味深そうに眺めていた。