雨の中、ハスの花を楽しむ参拝者ら(京都市右京区・法金剛院)

雨の中、ハスの花を楽しむ参拝者ら(京都市右京区・法金剛院)

 「ハスの寺」として知られる京都市右京区の法金剛院で11日、ハスの花をめでる観蓮会(かんれんえ)が始まった。あいにくの雨の下、参拝者が色とりどりの大輪を楽しんだ。

 平安時代に極楽浄土をイメージして造られた回遊式庭園には、国内外の約90種類が植えられている。毎年この時期に白や赤、黄、薄緑の花が次々と咲く。

 この日は早朝から多くの写真愛好家らが訪れ、雨で形が少し崩れた花や、葉にたまった水滴を撮影。会社員の女性(37)=下京区=は「今年は外出自粛時期があったからか、昨年よりもきれいに見えます」と話した。

 参拝者は新型コロナ対策として2日前までの予約とマスク着用が必要。8月2日までの午前7時半~同11時半。大人400円、小中高校生250円。同寺075(461)9428。