滋賀県庁

滋賀県庁

 滋賀県は12日、新たに2人の新型コロナウイルス感染を確認したと発表した。大津市在住の40代女性と、東近江市在住の60代無職男性。40代女性は軽症で、60代男性に症状はない。県内での感染確認は、累計106人となった。

 県によると、40代女性は非常勤で託児の仕事をしており、7日は県内の文化教室で、8日午前は大津市立やまびこ総合支援センター内の「やまびこ園・教室」の主催事業で勤務した。同日夜に38度5分の発熱があり、11日に医療機関で軽度の肺炎と診断された。県が感染経路を調べている。大津市は同教室を13日から1週間程度休園する。

 60代男性は、10日に京都市が感染を発表した20代女性が勤める同市内の飲食店に客として訪れた濃厚接触者。