京都地方気象台

京都地方気象台

  京都・彦根の両地方気象台は13日、梅雨前線が近畿地方を通過する影響で、京都府と滋賀県は14日未明から雷を伴った激しい雨になると気象情報を発表した。5日からの大雨で地盤が緩み、雨量が増えれば「いつ、どこで土砂崩れが起きてもおかしくない」として厳重な警戒を呼びかけている。

 気象台によると、13日夜から雨脚が強まり始める。さらに14日未明からは、1時間に30ミリの激しい雨が降るおそれがあるとしている。14日午前6時までの24時間雨量は、多いところで京都府と滋賀県北部で100ミリ、滋賀県南部に80ミリに達する見通し。

 5日からの大雨で、降り始めから13日午前10時までの各地の雨量は、京都府長岡京市276.5ミリ、京都市中京区266.5ミリ、南丹市園部町195ミリ、滋賀県長浜市柳ケ瀬346.5ミリ、大津市南小松302ミリとなり、いずれも7月の月間平均雨量を超えている。気象台によると、12日には一時雨がやんだが、土中の水分量は非常に高い状態が続いており、少量の雨でも土砂災害につながる危険性が高いという。