大津地裁

大津地裁

 滋賀県彦根市の交番で昨年4月に上司の井本光(あきら)巡査部長=当時(41)、警部に昇任=を拳銃で射殺したとして、殺人罪などに問われた当時19歳の元巡査の男(20)=懲戒免職=に対する裁判員裁判の第2回公判が31日、大津地裁(伊藤寛樹裁判長)で開かれた。午前中は被告人質問があり、元巡査は井本巡査部長に何度も書類の訂正を求められ、「自分は警察官としての質が低いのではと落ち込んだ」と、当時の心境を述べた。

 井本巡査部長から何度も指導を受け、「何を答えても『なんでやねん』と言われ、今思うと僕が見当違いの答えをしていたのだろうが、当時はゴールが見えなかった。心臓がしめつけられるような痛みがあった」と振り返った。元巡査は、家族のことを問われると、「優しい兄」「とても賢い妹」などと答え、時折言葉に詰まることもあった。

 起訴状では、元巡査は昨年4月11日午後7時47分ごろ、彦根署河瀬駅前交番(彦根市南川瀬町)で、拳銃を2発発射し、井本巡査部長の後頭部と背中に命中させ殺害。パトカーで逃走し、不法に拳銃と実弾3発を所持したとしている。

 公判では、検察側が完全責任能力があるとするのに対し、弁護側は神耗弱状態で責任能力が限定的だったと主張。責任能力の程度が争点となっている。