<マツタケを必死に探す土瓶蒸し>という川柳に、それあるある、と内心でうなずいた。小紙「京都文芸」欄に投稿された佳作。小さなマツタケでもあり…