京都アニメーション第1スタジオ跡地で営まれた追悼式(18日午前、京都市伏見区)=京都アニメーション提供

京都アニメーション第1スタジオ跡地で営まれた追悼式(18日午前、京都市伏見区)=京都アニメーション提供

 昨年7月に京都アニメーション第1スタジオ(京都市伏見区)が放火され36人が死亡、33人が重軽傷を負った事件から1年を迎えた18日、事件発生時刻の午前10時半から第1スタジオ跡地で、犠牲者を悼む追悼式が開かれた。遺族85人に加え、京アニの八田英明社長や関係者ら計約100人が参列し、アニメに情熱をささげたクリエーターたちの冥福を祈った。

 追悼式では、遺族有志の弔辞や黙とう、献花に続き、八田社長が「1年前のこの日、この場所で、想像を絶する悲しい事件が起きてしまいました。地元はもちろん、全国各地からこの地に集まった優秀なクリエーターが突然未来を奪われてしまいました。無念で無念で、言葉がありません。断腸の思いです」と哀悼の意を表した。

 そして、「今までも、今も、これからも、心は常に仲間と共にあります」「世界中の人たちに、とりわけ子どもたちの夢と希望と感動をはぐくみたい」「ゆっくりでも一歩ずつ、進んでいくことを改めて誓います」とあいさつした。

 京アニは、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、一般の訪問辞退を呼びかけた。報道各社は、京アニ側からの要望を受け、記者やカメラマンの人数を最小限にし、会場の外で取材にあたった。

 また、京アニは18日午前10時半、追悼の映像を同社のユーチューブ公式チャンネルで公開した。7分31秒間の映像で、終日視聴できる。

 京アニ第1スタジオでは2019年7月18日午前10時半ごろ、さいたま市見沼区の無職青葉真司容疑者(42)がガソリンをまいて放火し、当時スタジオにいた70人のうち36人が死亡、33人が重軽傷を負った。青葉容疑者も全身に重いやけどをして入院していたが、京都府警は今年5月27日、青葉容疑者を殺人や現住建造物等放火などの疑いで逮捕した。青葉容疑者は「小説を盗用された」などと動機を供述している。過去に京アニの同姓同名の人物から小説の応募があったが、一次審査で落選しており、京アニは「類似の点はない」としている。