京都府警北署

京都府警北署

 京都府警北署は15日、詐欺の疑いで、仙台市青葉区の飲食店員の男(25)を逮捕した。

 逮捕容疑は仲間と共謀して4月13、14日、京都市北区の男性(86)方に息子を名乗って電話し、「友人の保証人になったが、その友人が新型コロナウイルスに感染し、代わりに金を支払うことになった」などとうそをついて男性から現金1千万円を詐取した疑い。

 北署によると、この事件の逮捕者は2人目。現金を受け取った男(27)=詐欺罪で起訴=を犯行グループに紹介したとみている。容疑者は「紹介したが詐欺をすると思わなかった」と否認しているという。