滋賀県警本部

滋賀県警本部

 不倫交際をしていたとして、滋賀県警は15日までに、30代の男性巡査部長を所属長訓戒とし、20代の女性巡査長を本部長注意とした。巡査部長は依願退職した。

 県警監察官室によると、2人は「家族や組織を裏切り申し訳ない」と認めており、経緯や反省の度合いなどから処分内容を判断したという。私生活の問題として、2人の婚姻関係や交際期間などは明らかにしていない。堀池悟監察官室長は「職務倫理教育を徹底したい」とした。