国税庁は15日、京都府福知山市の福知山税務署の20代男性職員が新型コロナウイルスに感染したと発表した。

 職員は同税務署のほか、6月下旬以降の各3日間、宮津税務署(宮津市)と峰山税務署(京丹後市)の税務署内部で事務処理に従事していた。窓口での業務はしていなかった。7月9日以降は自宅待機していた。

 15日は3税務署の総合窓口を中断した。感染した職員と接触があった職員に対し、自宅待機を指示した。保健所と相談し、消毒や清掃を行った。16日から業務を再開する。