【資料写真】手書きのボードを掲げて外出自粛を呼びかける三日月知事。県庁の緊張はピークを迎えつつあった(4月14日午後7時10分、大津市京町4丁目・危機管理センター)

【資料写真】手書きのボードを掲げて外出自粛を呼びかける三日月知事。県庁の緊張はピークを迎えつつあった(4月14日午後7時10分、大津市京町4丁目・危機管理センター)

 滋賀県の三日月大造知事は15日夜、新型コロナウイルスに関する臨時会見を開いた。「県内の感染者は今月に入って6人目。第2波の入り口にいる」と強い危機感を示し、感染者が増えている東京都、大阪府、京都府への外出について慎重になるよう県民に向けて呼び掛けた。

 政府の観光支援事業「Go To トラベル」に関しては「期待はしているが、感染が拡大している地域も含めた全国一律で22日から開始するのは時期尚早」と、対象地域やタイミングについて疑問を示した。