京都アニメーション第1スタジオの跡地(京都市伏見区)

京都アニメーション第1スタジオの跡地(京都市伏見区)

 昨年7月に京都アニメーション第1スタジオ(京都市伏見区)が放火され36人が死亡、33人が重軽傷を負った事件から1年を迎える18日、京アニは第1スタジオ跡地で、追悼式を行う。遺族や京アニの八田英明社長らが参列する予定。

 京アニは、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、一般の来場、参列の自粛を呼びかけている。

 また、18日午前10時半から、同社のユーチューブ公式チャンネルで、追悼の映像を配信する予定をしている。映像は10分間で、終日視聴できるという。

 京アニ第1スタジオでは2019年7月18日午前10時半ごろ、さいたま市見沼区の無職青葉真司容疑者(42)がガソリンをまいて放火し、当時スタジオにいた70人のうち36人が死亡、33人が重軽傷を負った。青葉容疑者も全身に重いやけどをして入院していたが、京都府警は今年5月27日、青葉容疑者を殺人や現住建造物等放火などの疑いで逮捕した。青葉容疑者は「小説を盗用された」などと動機を供述している。過去に京アニの同姓同名の人物から小説の応募があったが、一次審査で落選しており、京アニは「類似の点はない」としている。