新調された絵馬掛けを前に目録を受け取る松浦貫主(右)=京都市中京区・壬生寺

新調された絵馬掛けを前に目録を受け取る松浦貫主(右)=京都市中京区・壬生寺

 幕末の京で治安を守るために活動した新選組の隊士をしのぶ慰霊供養祭が16日、京都市中京区の壬生寺で営まれた。参列した京都新選組同好会が奉納した絵馬掛けも披露された。

 供養祭は、新選組の屯所近くで隊士の墓もある壬生寺が毎年開いている。1864年に新選組が志士たちの密談中に討ち入った「池田屋事件」が祇園祭の宵山前日に起きたことにちなんで、毎年この時期に営んでいる。
 供養祭は境内の壬生塚であり、だんだら模様の羽織の同好会の隊士をはじめ、歴史ファンらがマスク姿で参列。僧侶が読経する中、参列者が次々と焼香した。
 供養祭の後、同好会の結成45周年を記念して近藤勇像の横に新調した絵馬掛けの奉納式もあった。目録を受け取った松浦俊海貫主は「来年はマスクをせず、健康に過ごせるように願いたい」と述べた。