京都市役所

京都市役所

 施術報酬を不正請求したとして、京都市は17日、生活保護法に基づき、南区の「みやま石原はりきゅうマッサージ治療院」の院長に対し、施術機関の指定を31日に取り消すと発表した。

 市によると、院長は2016年4月~19年10月、施術を行った生活保護受給中の患者7人の施術日数を水増ししたほか、施術に必要な患者の主治医の印鑑などを偽造した。施術録の保管もしていなかった。

 市は5月、加算額を合わせ1727万円の返還を求めたが、現在まで100万円しか返還されていない。院長は市の聞き取りに対し、「手間を省くためだった」と不正を認めているという。