滋賀県庁

滋賀県庁

 滋賀県は17日、新型コロナウイルス感染症の県独自の警戒レベルを「注意ステージ」から、感染拡大の恐れがある「警戒ステージ」に1段階引き上げた。県境をまたぐ移動の自粛や店舗・施設の休業は要請しないが、感染防止への協力を特別措置法に基づいて県民に改めて要請した。感染防止策を取っている店舗には、県が新たに作成した「感染予防対策実施宣言書」の掲示を求めた。

 同県は同日夕、対策本部員会議を開催。感染経路不明の新規感染者が「7日間で1人」になるなど基準を満たしたため、警戒ステージに引き上げた。感染者が増加している都市部の「夜の街」の利用を慎重にするといった感染防止を県民にこれまでも呼び掛けてきたが、特措法に基づく形で改めて要請した。罰則や強制力はないが、徹底を求める。
 同県は警戒レベルを最も高い「特別警戒ステージ」を含む3段階に分けており、6月7日に最も低い注意ステージに引き下げた。7月に入り感染者が徐々に増加し、同月の新規感染者は8人となっている。