世界各地からツイッターに書き込まれた京アニへのメッセージ(画像の一部を加工しています)

世界各地からツイッターに書き込まれた京アニへのメッセージ(画像の一部を加工しています)

 昨年7月に京都アニメーション第1スタジオ(京都市伏見区)が放火され36人が死亡、33人が重軽傷を負った事件から1年を迎えた18日、ユーチューブの京アニ公式チャンネルで追悼映像が配信されると、国内外から犠牲者を悼むコメントがネット上にあふれた。

 事件発生時刻の午前10時半から配信された追悼映像は7分31秒あり、京アニの作品作りにかかわった関係者の匿名弔電が公開された。

 公開直後からツイッターでは、「これからも忘れずに、作品を愛し続けます」「思い出すたびに涙が止まらなくなります」などのファンのメッセージが続々と書き込まれた。「大好きをありがとうございました」と、人気アニメ「けいおん!!」の主題歌の歌詞になぞらえた投稿もあった。「ヤフーリアルタイム検索」によると、午前10時半~45分の15分間で、京アニ関係のツイートは約1400件に上った。

 映像配信終了を知らせる京アニの公式ツイッターにも、感謝のコメントが2時間で約300件寄せられた。海外からの書き込みも多く、英語で「KyoAni, we love you!」、中国語で「頑張れ」を意味する「加油」のほか、フランス語やスペイン語で「離れていても心は京アニとあります」などとするメッセージもあった。