滋賀県警近江八幡署は31日、近江八幡市の女性(83)が孫を名乗る男らに現金250万円をだまし取られたと発表した。詐欺事件として捜査している。

 同署によると、29日午後9時~30日午後2時に、女性宅に孫を名乗る男から「友人と株を買ったが、それが詐欺だった。弁護士に金を払えば、だまされた金が返ってくる」などと電話が複数回あった。その後、女性は指定されたJR安土駅近くの路上で、弁護士の代理を名乗る男に現金を渡した、という。