細野豪志衆院議員(静岡5区)が31日、無所属のまま特別会員として自民党二階派入りした。かつての「政敵」を迎えた京都、滋賀の同派所属議員は派閥の結束を強調した。

 同派の大岡敏孝衆院議員(滋賀1区)は「豊富な政治経験を生かすべきだ」と細野氏の入会を同派幹部に働きかけてきた。細野氏は滋賀県出身だが、滋賀からの立候補を要請する意図はないとし「ともに政策を学び合うことで、われわれ党の若い世代に必ずプラスになる」と歓迎する。

 民主党で幹事長などを歴任した細野氏の派閥入りには自民内部に懸念の声もある。この日の二階派会合で同派最高顧問の伊吹文明元衆院議長(京都1区)は「私の所にもいろんな意見を言ってこられる人がいるが、二階(俊博)会長がこれでいこうと言ったらみんなそれに従ってやっていくのが派だ」と一致結束を呼びかけた。

 一方、民主党時代に細野氏と党運営にあたった国民民主党の前原誠司衆院議員(京都2区)は、同氏の自民派閥入りに「政治家の出処進退は自らが決めること。コメントはない」と淡々と話した。