外来診療の見合わせなどの新型コロナウイルス対策について話す京都市立病院の黒田院長(中央)=20日午前11時7分、京都市中京区・市立病院

外来診療の見合わせなどの新型コロナウイルス対策について話す京都市立病院の黒田院長(中央)=20日午前11時7分、京都市中京区・市立病院

 京都市立病院(中京区)は20日、新たに看護師3人と入院患者2人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。17日に感染が判明した看護師2人を含め、同病院関係者は計7人となる。これを受け、21日から全診療科で外来患者の受け入れを当面停止する。

 新たに陽性が判明した看護師3人は20代~40代の女性で、患者2人は60代と80代の男性だった。5人はいずれも呼吸器内科病棟で勤務するか、入院している。看護師3人に症状はなく、患者も軽症という。

 同病院は外来診療を停止するほか、不急の入院は延期し、人間ドックも当面停止する。一方、必要な手術や検査に関わる入院は受け入れ、放射線治療や透析治療などは実施する。

 同病院の黒田啓史院長は「院内でクラスター(集団者感染)が発生したと認識している。これ以上感染を広げず、早期に本来の病院機能を回復するため、市民のみなさんに迷惑をかけることになるが理解してほしい」と述べた。