強い日差しに照らされ、猛暑日となった京都市内(20日午後2時2分、京都市中京区)

強い日差しに照らされ、猛暑日となった京都市内(20日午後2時2分、京都市中京区)

今年初の猛暑日となった京都市内(20日午後2時9分、中京区)

今年初の猛暑日となった京都市内(20日午後2時9分、中京区)

今年初の猛暑日となった京都市内(20日午後2時10分、京都市中京区の烏丸通)

今年初の猛暑日となった京都市内(20日午後2時10分、京都市中京区の烏丸通)

 梅雨の晴れ間となった20日、京都府内各地は午前中から気温が上昇し、京都市で午後1時55分に35.6度を観測し、今年初めて最高気温が35度を上回る猛暑日となった。近畿地方では猛暑日一番乗りとなった。

 京都地方気象台によると、午後2時までの最高気温は京都市中京区で35.6度、舞鶴市で34度、京田辺市で34.7度となった。愛知県豊田市でも35度の猛暑日となった。高気圧に覆われ、晴れて気温が上昇したという。