下鴨署

下鴨署

 京都府警下鴨署は20日、詐欺の疑いで、大阪府吹田市、会社員の男(55)を逮捕した。

 逮捕容疑は2013年11月、知人の京都市下京区のアルバイト女性(34)に対し、「大手広告代理店への投資をしている。自分の会社とも取引しており安心できる」とうそを言い、架空の投資名目で2回にわたって計350万円をだまし取った疑い。
 

 下鴨署によると、男が実際に投資をした形跡はなかった。「金は借りたが、だましたつもりはない」と容疑を否認しているという。