京都地裁

京都地裁

 京都府警察学校の初任科生が実家で大麻を所持したなどとされる事件で、大麻取締法違反と窃盗の罪に問われた元巡査の男(23)=懲戒免職=の判決公判が9日、京都地裁であった。片多康裁判官は「犯行当時、警察官として法規範を順守する立場であり、より厳しい非難は免れない」として、懲役2年、執行猶予3年(求刑懲役2年)を言い渡した。

 判決によると、7月5日、大阪府守口市の実家で、大麻草約2・1グラムを所持した。また5~6月、警察学校内で3回にわたり、同期生の男性巡査のデジタル音楽プレーヤーと腕時計2個(時価計1万4千円相当)を盗んだ。

 片多裁判官は判決理由で、窃盗について「短期間に犯行を繰り返しており、悪質性が高い」と指摘。大麻を自ら購入し、使用していた点について「大麻への抵抗感が鈍麻している」と述べた。一方、犯行を認めていることや家族の監督状況を情状として考慮した。