2日連続の猛暑日となった京都市内は、熱気で景色が揺らいでいた(21日正午、京都市中京区の烏丸通)

2日連続の猛暑日となった京都市内は、熱気で景色が揺らいでいた(21日正午、京都市中京区の烏丸通)

 京都府各地は21日、晴れて気温が上昇し、京都市で午後1時55分に36.1度を観測し、2日連続の猛暑日となった。

 京都地方気象台によると、午後3時までの最高気温は京都市中京区で36.1度、京田辺市で35.3度、南丹市園部町で35度、福知山市で34.7度、舞鶴市で34.3度となり、いずれも今年最高となった。気象台は、高温注意情報を出して熱中症の警戒を呼び掛けている。

 京都地方気象台によると、よく晴れ、南から暖かい空気が流れ込んだことが気温の上昇につながった。京都府南部は夕方にかけて天気が不安定になりやすく、夕立に注意が必要という。夜は雨が降る見込み。

 京都市中京区は前日20日も35.6度を観測し、今年初の猛暑日となっていた。