1日午前9時ごろ、京都市南区の近鉄京都線の東寺駅で、線路内に立ち入った女性が奈良行き特急列車にはねられ、死亡した。

 近鉄は京都-上鳥羽口間の上下線で一時運転を見合わせ、42本が運休、最大約1時間遅れ、約2万人に影響した。

 京都府警南署の調べで、死亡したのは南区の会社員女性(21)だったことが分かった。