ゴボウと牛肉の炊き込み御飯 カブおろし添え

ゴボウと牛肉の炊き込み御飯 カブおろし添え

<旬の献立を探しに 小平泰子>

 カブ、ゴボウの香りと牛肉のうまみが調和したご飯です。カブの代わりに大根おろしを添えても、さっぱりした味わいが楽しめます。

 【材料】(4人分)

白米 2合

牛肉(細切れ) 100グラム

ゴボウ(千切り) 50グラム

だし 適量

小カブ(皮付きのままおろす) 2個

三つ葉(長さ2センチに切る) 適量

A=薄口しょうゆ・日本酒各大さじ1、塩小さじ1/2

 【作り方】

(1)炊飯器に白米を入れ、目盛りまでだしを張る。A、牛肉、ゴボウを入れてふたをし、炊く。

(2)炊けたらざっくりと混ぜ、器に盛る。小カブのおろしを添え、三つ葉を飾る。

 ◆小平泰子 こひら・やすこ 1977年京都市生まれ。旬の食材を使い、和食にとらわれず、食材の組み合わせの面白さを提案したレシピを考案。中京区烏丸三条と東京・日本橋で料理教室を開く。近著に「季節の野菜と果物でかんたんおつまみ」がある。インスタグラムはyasukokohiragokan