舞鶴港国際埠頭

舞鶴港国際埠頭

 舞鶴海上保安部は1月31日から2日間に京都府舞鶴市下安久の舞鶴港・舞鶴国際埠頭(ふとう)付近の海底から古い砲弾3個が見つかったと1日までに発表した。1月29日にも2個見つかっており、計5個になった。海上自衛隊が処理する。

 保安部によると、いずれも港湾工事業者が工事前の潜水探査で見つけた。31日は長さ60センチ、直径20センチの迫撃砲弾1個、2月1日は長さ約40センチ、直径10センチの円筒形2個で海底の泥に埋まっていた。