終末期医療で医師が送検された事件

終末期医療で医師が送検された事件

 筋萎縮性側索硬化症(ALS)の女性に対する嘱託殺人容疑で医師2人が23日、京都府警に逮捕された。投薬などによって死期を早める「積極的安楽死」は国内では認められていないが、「耐えがたい苦痛」「死期が迫っている」など四つの要件を満たせば違法性は免れるとの判例がある。しかし、会員制交流サイト(SNS)への投稿や関係者への取材によると、今回の事件はその要件を逸脱している。

 1991年、東海大病院で、こん睡状態の末期がん患者に対し、家族の要請を受けて医師が塩化カリウムを投与して死亡させる事件が起きた。この事件で横浜地裁は積極的安楽死が許される基準として、(1)患者に耐えがたい肉体的苦痛がある(2)死が避けられない末期状態(3)苦痛の除去、緩和の方法を尽くし他に代替手段がない(4)患者本人の意思表示がある―の4要件を示した。

 東海大病院事件では、この要件を満たさないとして殺人罪を認定した。ただし、この事件を除けば司法の場で4要件に照らして医師らの刑事責任が判断された事件はなく、4要件を満たしたと認められた事例もない。

 今回の事件では、殺害されたALS患者の林優里さん=当時(51)=はSNSで、何度も安楽死の願望を投稿したり、容疑者とみられる人物とやりとりしたりしていた。しかし、4要件の「本人の意思表示」はチームによる医療と丁寧な説明を前提としており、面識がなかった容疑者らへの意思表示は要件を満たさない可能性がある。

 ほかの3要件についても疑問が浮かぶ。ALSは全身が徐々に動かなくなる神経難病だが、一般的に末期がんとは病状が異なる。林さんのSNSの投稿でも、激しい体の痛みに苦しむような記述は見られない。病気による精神的苦痛は計り知れないが、4要件で問われるのはあくまで肉体的苦痛の有無だ。

 ALS患者であっても人工呼吸器を装着すれば死は避けられる。関係者への取材からは、林さんは人工呼吸器を必要とするほど病状が進んでいたとの証言も出てこない。

 京都府警はこうした林さんの状態を4要件に照らした上で、今回の事件が違法性が阻却される積極的安楽死ではなく、嘱託殺人に該当すると判断したとみられる。