白煙を上げながら猛スピードでドリフト走行するレーシングカー(滋賀県米原市甲津原・奥伊吹モーターパーク)

白煙を上げながら猛スピードでドリフト走行するレーシングカー(滋賀県米原市甲津原・奥伊吹モーターパーク)

 自動車を横滑りさせる「ドリフト走行」の技術を競う「D1グランプリ」のシーズン開幕戦がこのほど、滋賀県米原市甲津原の奥伊吹モーターパークで開かれた。プロドライバーが操るレーシングカーが白煙を上げながら、迫力満点にコースを疾走した。

 同グランプリは2001年に始まり、今シーズンは全国5カ所のサーキットで開かれる。京滋での開催は初めてで、開幕戦は新型コロナウイルスの感染拡大防止のため無観客で行われた。
 競技は審査員と車載コンピューターによって採点し、順位を決める。横滑りする際の角度やスピードなどが審査される。
 ドライバーは小雨の降る中、スピンしそうになる車を絶妙なハンドルさばきで操り、猛スピードで駆け抜けた。