料理法を教える谷口さん(左)=舞鶴市南田辺

料理法を教える谷口さん(左)=舞鶴市南田辺

 京都府舞鶴市の料理研究家がこのほど、「新型コロナウイルス対策料理」教室を同市南田辺の市西支所で開いた。感染拡大防止のための外出自粛による「コロナ太り」を解消するレシピなどを紹介した。

 市内で料理教室の講師を務める料理研究家谷口久美子さんが考案したオリジナルレシピを女性グループ「あすなろ会」のメンバーに教えた。

 料理はレタスや紫タマネギ、ブロッコリーの茎、鶏のささ身などを使った「コロナ太り解消サラダ」、免疫力を高める塩こうじに漬け込んだ豚肉を使うしょうが焼き、外出自粛の中でも子どもたちと一緒に作れる「揚げピザ」の3品。揚げピザは糖分を減らすために生地に油揚げを使い、万願寺甘とうやトマトなどをのせた。

 谷口さんは「家で楽しく作れ、健康につながる料理を食べて、コロナ禍を乗り切ってほしい」と話していた。