京都地検

京都地検

 業務で預かっていた現金1460万円を着服したとして、京都地検は27日、業務上横領の疑いで、大阪弁護士会所属の弁護士の男(43)=京都市下京区=を再逮捕した。

 再逮捕容疑は2017年2月10日から同7月31日までの間に20回にわたり、依頼人から供託金の払い渡し請求や管理業務の委任を受けて自身の預かり金口座に入金された約2940万円のうち、計約1460万円を引き出し、横領した疑い。

 また京都地検は同日、依頼人から現金約1850万円を着服したほか、遺産分割協議書の手続きで自身を特別代理人に選任する京都家裁裁判官名義の審判書の写しを偽造したとして、業務上横領と有印公文書偽造・同行使の罪で男を起訴した。