滋賀県庁

滋賀県庁

 滋賀県は27日、彦根市の30代男性会社員と大津市の20代女性会社員が新たに新型コロナウイルスに感染したと発表した。県内での感染者は計155人。男性は重症という。

 県によると、男性は岐阜県内に勤務。25日に発熱やけん怠感で意識がもうろうとし、後頭部を打撲して26日に入院。27日にLAMP法検査で陽性と分かった。

 女性は大阪市内で店員として勤務。20日に市内で、同市の友人と食事に行った。女性は友人が25日に陽性と診断されたと話しており、県は女性が同時に感染した可能性もあると見て、感染経路を調べている。