28日午後0時38分ごろ、京都府亀岡市のJR山陰線・千代川―八木駅間で、下り快速電車が人と接触した。

 JR西日本によると、亀岡市千代川町川の新上川関踏切で、京都発、園部行きの下り快速電車が、踏切内に立ち入る人物を約50メートル手前で発見、非常ブレーキをかけたが間に合わずに接触したという。

 この影響で、亀岡-園部駅間で一時運転を見合わせた。午後1時37分ごろに運転を再開したが、上下線で計6本が運休し、約620人に影響が出た。