台湾の李登輝元総統の死去を1面トップで報じた31日付の台湾各紙(共同)

 台湾の李登輝元総統の死去を1面トップで報じた31日付の台湾各紙(共同)

 【台北共同】台湾の蔡英文政権は31日、死去した李登輝元総統の葬儀に関する会議を開催した。台湾の民主化や対中政策で大きな功績を残した李氏をたたえる式典とし、民主・自由を旗印に掲げる現政権への支持をさらに高めたい考えだ。日米政府は相次いで李氏の民主主義への貢献を評価した。一方、中国は李氏の追悼で独立志向が高まることに警戒感を示した。

 安倍晋三首相は31日、「日台の親善関係、友好増進のために多大な貢献をされた」と官邸で記者団に述べ、李氏が台湾に自由と民主主義、人権、普遍的価値を広めたとたたえた。