学校行事について話し合う清明高の越野校長(左)と生徒会長の五十嵐さん(右)=京都市北区・同高

学校行事について話し合う清明高の越野校長(左)と生徒会長の五十嵐さん(右)=京都市北区・同高

 新型コロナウイルスの影響で、各学校が秋に予定する運動会や体育祭、文化祭を実施するか検討を急いでいる。児童や生徒が楽しみにする学校行事だが、保護者が大勢押し寄せると感染リスクが高まるため見直しを迫られている。京都府内の学校は教育的な効果と感染予防をどう両立させるか模索し、中止や規模の縮小、内容の変更などで対応しようとしている。


■運動会→体育発表会、文化祭→制作物展示

 西院小(京都市右京区)は運動会を「スポーツフェスティバル」の形式に変更し、学年ごとに3日間に分けて10月に実施することを検討している。生徒数が約950人と多く、保護者が来校すれば密集状況が生まれるためだという。

 種目も児童同士が接触する組み体操や騎馬戦は感染予防の観点から難しそうだという。國重初美校長は「運動会は大きな行事で、児童たちはそれを目標にして成長する。ただなくすのではなく何らかの形でやらせてあげたい」と話す。

 山科区の別の市立小も同様に、運動会でなく種目を絞ったスポーツフェスティバルのような形式への変更を考えている。低、中、高学年ごとに順に種目を実施する計画で、保護者は体育館で中継画面を通して観覧し、自分たちの子どもが出場する時間帯になれば運動場に出て応援できるようにするという。

■「休校で体力落ち、無理もさせられない」

 同小の校長は「児童たちは4、5月の休校中に体力が落ちているのであまり無理もさせられない。ただ運動会は達成感や子ども同士のつながりを感じさせる教育的狙いがあるので、制約の中で何ができるか前向きに考えたい」と話す。

 両校を含め多くの学校は、運動会の代替行事を体育の授業の発表会のような位置付けにする考え。各校は4、5月の休校で多くの授業時間を失っており、例年の運動会に向けた練習時間を体育の授業として活用すれば、授業時間の確保にもつながるからだ。

 田辺小(京田辺市)も、運動会は「3密が避けられず実施が難しそうだ」として別の体育的な行事を代わりに検討している。藤原真校長は「授業参観のように体育の成果を見てもらえる形にしたい」と話す。

 行事の見直しは高校でも進む。南陽高(木津川市)は9月の文化祭は中止する。1年生は地域企業と連携した商品の開発・販売、2年生は演劇をしていたが密集、密接する状況が避けられないと決断した。ただ3年生のステージパフォーマンスは9月の体育祭に合わせた文化的行事として実施する計画だという。

 谷真也副校長は「集団の中で学ぶ教育的な意義が大きい行事だったが、地域住民も含めた安全のため苦渋の判断をした。ただ3年生は思い出が残るようにと考えた」と話した。

 私立の洛陽総合高(京都市中京区)も毎年6月に大阪市の京セラドームで行っていた体育祭や、10月に実施予定の文化祭の中止を決めた。