来店1回につきレモンサワーが1杯無料になるパスポート「レモパス」(大津市浜大津1丁目・まちづくり大津)

来店1回につきレモンサワーが1杯無料になるパスポート「レモパス」(大津市浜大津1丁目・まちづくり大津)

 新型コロナウイルスの影響で来店客が落ち込む大津市内の飲食店を応援しようと、大津商工会議所などは、大津まちなか飲食店支援プロジェクトを開催している。来店時にレモンサワー1杯が無料になるパスポートを販売し、客の増加を目指す。


 市内の中心市街地にある29店が参加。1カ月有効のパスポート「レモパス」を千円で販売し、購入者は参加店で提示すると、1回の来店につきレモンサワー1杯が無料になる。


 パスポートは、湖の駅浜大津や市市民活動センター、まちなか交流館ゆうゆうかん、大津駅観光案内所、各参加店で販売する。プロジェクトの実施期間は11月末までで、パスポートの販売は同15日まで。


 同市の中心市街地では、飲食店を気軽にはしごしながら街歩きを楽しむイベント「大津百町まちなかバル」が毎秋開催されてきたが、今年は中止が決まっており、それに代わるイベントとして企画した。


 同プロジェクト実行委員会事務局の「まちづくり大津」は「飲食店の営業短縮要請が解除された後も、お客が少ないという声を聞く。感染防止対策が整った店が参加しており、ぜひ応援してほしい」としている。