滋賀県庁

滋賀県庁

 滋賀県は31日、滋賀医科大付属病院(大津市)の50代女性医師ら3人の新型コロナウイルス感染を確認したと発表した。全員が軽症という。県内での感染確認は計171人となった。

 県によると、医師は救急外来の担当で、コロナ患者との接触状況は分かっていない。同病院は、医師と接触した患者や職員全員のPCR検査を行う。

 他の2人は大津市の20代女性作業療法士、彦根市の30代女性会社員。このうち女性会社員は、10人の感染者が出ている18日の近江八幡市内での会食の参加者。