9日、トルコ南部でシリア国境に向かうトルコ軍の装甲車(ゲッティ=共同)

 9日、トルコ南部でシリア国境に向かうトルコ軍の装甲車(ゲッティ=共同)

 【イスタンブール共同】トルコのエルドアン大統領は9日、シリア北部への新たな軍事作戦を始めたとツイッターで表明した。過激派組織「イスラム国」(IS)掃討作戦で米軍に協力したシリアのクルド人勢力の支配地域で空爆などを実施した。トルコ・シリア国境地帯の均衡が崩れて地域が不安定化する恐れがある。

 トルコは作戦で、敵対するクルド人勢力を国境地帯から一掃してシリア側に安全地帯をつくり、トルコ国内のシリア難民を帰還させるとしている。クルド人勢力はシリアのアサド政権に接近する考えを示しており、シリア内戦の構図が変わる可能性が出てきた。