滋賀県庁

滋賀県庁

 滋賀県は2日、新型コロナウイルスに客と従業員計5人が感染し、来店者らに感染拡大の恐れがあるとして、湖南市と長浜市のガールズバー2店を公表した。7月中旬以降の来店者に、帰国者・接触者相談センターに速やかに連絡するよう求めている。コロナ感染予防のため県が店名を公表するのは初めて。

 店は「ガールズバー リオン」の湖南店(湖南市岩根中央2丁目)と長浜店(長浜市朝日町)。感染したのは7月15日から両店を利用した県内の男性客1人をはじめ、両店の従業員女性4人。全員軽症。男性客は来店当時、発熱や倦怠(けんたい)感があり、数日前に感染が確認された。両店の他の従業員24人はPCR検査の結果、全員陰性だったという。

 県によると、感染拡大の恐れがあるのは、男性客が来店したり、感染した従業員が出勤した日。期間は、湖南店は7月15、17、19、21、25~27日、長浜店は同18~28日。長浜店にはこの間、少なくとも150人が来店したという。両店は今月11日まで自主的に休業するが、県は、店の了解を得て店名をホームページで公表し、近隣府県にも連絡する。

 相談センターは24時間対応で、連絡先は大津市在住者は077(526)5411、080(2409)1856(夜間)、同市以外在住者は077(528)3621。