首脳会談が行われる「水明の間」を見学するツアー参加者 (京都市上京区・京都迎賓館)

首脳会談が行われる「水明の間」を見学するツアー参加者 (京都市上京区・京都迎賓館)

2005年の日米首脳会談で、当時の小泉首相と米ブッシュ大統領が京料理を楽しんだ「滝の間」(京都市上京区・京都迎賓館)

2005年の日米首脳会談で、当時の小泉首相と米ブッシュ大統領が京料理を楽しんだ「滝の間」(京都市上京区・京都迎賓館)

 京都迎賓館(京都市上京区)で3日、普段は見られない貴賓室を公開する「プレミアムガイドツアー」が始まった。賓客の目線で庭を楽しめる「座観」も体験でき、参加者は豪華なしつらえに感嘆の声を上げていた。

 同ツアーは、同館がその魅力を深く知ってもらおうと、昨年度から夏と冬に始めた。今年は新型コロナウイルス対策のため、参加人数を減らし、ワイヤレスイヤホンを使って実施する。今回は、首脳会談が行われる「水明の間」と「滝の間」を公開した。

 滝の間(約10畳)は2005年、当時の小泉純一郎首相と米ブッシュ大統領の首脳会談の際に会食に使われた。職員の手でよし戸が開けられると、庭に約47トンの石組から荒々しく流れる滝が現れ、窓の外から迫力ある水音が響いた。

 友人に勧められて参加したという自営業の女性=兵庫県=は「技術も材料も日本の粋が尽くされ、感動した。来てよかった」と話していた。

 水曜日を除く3~7日、24~28日に、1日4回開催する。一般5千円。ホームページで要予約。問い合わせは075(223)2205。