昭和半ばまで、真夏の風物詩に「定(じょう)斎(さい)屋」と呼ばれる行商の姿があったという。豊臣時代の堺の薬商の名にちなみ、暑気あたりの薬を…