明るい雰囲気に仕上げたカフェと丹羽さん夫婦(京丹後市丹後町間人・間人テラス)

明るい雰囲気に仕上げたカフェと丹羽さん夫婦(京丹後市丹後町間人・間人テラス)

 京都府京丹後市丹後町間人に高台から海を臨むカフェ「間人テラス マイサンシャイン」が今夏オープンした。間人では昨春に地域唯一の喫茶店が閉店して以来、待望の憩いの場で、カフェを開いた地元旅館の女将(おかみ)は「多くの人に集っていただき、絶景の海を見てもらいたい」と話している。

 旅館「寿海亭」のオーナー丹羽嘉和さん(65)と女将のさとみさん(62)夫婦。2004年に景色にほれ込み間人地域の西端に旅館をオープンした。

 宿泊客だけでなく景色を楽しんでほしいと考えてきたところ、約2年前に旅館周辺の土地約千平方メートルが手に入ったため、今春から工事を進めてきた。

 間人テラスは約50平方メートルで、リゾート地をイメージした外観や内装。眼下に海を臨むカフェ席や店外のスペースにもテーブルなどを設置。また間人の地名がもっと多くの人に知られるように写真映えする「TAIZA」の文字のモニュメントや、城嶋や徳楽山を望む展望台も設けた。

 カフェそばの空き地にキッチンカーを呼んだり、バザーを催したりする計画もあり、丹羽さん夫婦は「間人テラスが丹後の間人という地域に目を向けるきっかけになればうれしい」と話している。
 

 カフェは午前11時~午後4時。火・水曜定休。軽食あり。0772(75)0168。