業務を休止している本庁舎4階の一部署。電気も消され、別部署の職員が電話対応などに当たっている(京田辺市役所)

業務を休止している本庁舎4階の一部署。電気も消され、別部署の職員が電話対応などに当たっている(京田辺市役所)

 京都府京田辺市は4日、職員4人が新型コロナウイルスに感染したことを受け市役所本庁舎の職員ら476人に行った市独自のPCR検査の結果、全員が陰性だったと明らかにした。

 市が検査したのは職員のほか、市議や出入りする業者など。濃厚接触(47人)や体調不良(7人)を理由に、保健所の指示で検査を受けた職員も全員陰性だったという。

 職員の感染判明に伴い7月27日から休止していた本庁舎4階の6部署について、市は6日にも業務を再開する見通し。