京都府庁

京都府庁

 京都府と京都市は4日、新型コロナウイルスに新たに21人が感染し、うち1人が死亡していたと発表した。府内の死者は21人、感染者は876人。死亡した人以外はいずれも軽症か無症状で、感染経路不明は10人だった。

 京都市の発表分は14人。市内の70代自営業男性は3日に死亡した後、PCR検査で陽性が判明した。府内の20代会社員男性は市内で勤務し、残る12人は京都京北小中(右京区)の男子児童や市内の10~50代の大学生や会社員などの男女。

 京都市を除く府内は7人。府によると、すでに陽性が判明していた向日市の会社員男性の家族1人、京田辺市の会社員男性の家族2人。残る4人は宇治市、京田辺市、木津川市、大山崎町の20~90代の女性で感染経路は不明。