パイナップルは英語でpineapple(パイナップル)と書きます。この名前はpine(パイン)cone(コーン)(松ぼっくり)とapple(アップル)(リンゴ)を合わせたものです。松ぼっくりみたいな見た目で、リンゴのような甘(あま)い香りと味がするのでこう名付けられました。パイナップルはビタミン類や食物繊維(しょくもつせんい)が豊富(ほうふ)で暑い夏を乗り切るのにピッタリのフルーツです。暑さに負けず、楽しい夏を過(す)ごしてね!(五感で学ぶ料理教室 ククラボ)

〈材料 5人分〉
・パイナップル
    (カット)150グラム
・プレーンヨーグルト200グラム
・生クリーム   100グラム
・グラニュー糖(とう)45グラム
・レモン汁(じる) 大さじ1/2
・コーンフレーク 25グラム
・ミントの葉 5枚(まい)

〈道具〉
ボウル(中)、泡(あわ)立て器(大)、大きめのスプーン(アイスかき混ぜ用)、ゴムベラ、ふた付き容器(ようき)、アイスクリームディッシャー(なければ大きめのスプーンでもOK)、まな板、包丁、はかり、計量スプーン

〈作り方〉
1.生クリーム、グラニュー糖、レモン汁を入れて八分立てに混ぜる。レモン汁を入れると早く泡立てられるよ!(ワンポイント(1))

(1)八分立てとは、やわらかいツノが立つ状態(じょうたい)のことだよ!


2.1にプレーンヨーグルトを入れて混ぜる
3.ふた付き容器に移して冷凍庫(れいとうこ)で3~4時間冷やす
4.3を途中で1~2度混ぜる(ワンポイント(2))

(2)空気をたくさん含(ふく)ませるとなめらかに仕上がるよ!


5.パイナップルを食べやすい大きさに切る
6.器にコーンフレークを適量(てきりょう)入れる
7.パイナップルとフローズンヨーグルトをお好みで盛(も)り付ける
8.ミントの葉を飾(かざ)ったらできあがり♪

〈パイナップルの切り方〉

 

1.パイナップルを横に寝(ね)かし、上下を切り落とす
2.縦(たて)に置き、8等分に切る 3.中心の白っぽくなっている芯(しん)と皮を厚(あつ)めに切り落とす
4.一口大に切る
  ※パイナップルの皮はかたいので必ず お家の人と一緒(いっしょ)に気を付けて切ってね!
 混ぜて凍(こお)らせるだけで、簡単(かんたん)にフローズンヨーグルトができるよ。さっぱりさわやかなデザートで暑さを吹(ふ)き飛ばそう!(五感で学ぶ料理教室 ククラボ)

 

「できた!」「発見!」「本物!」「おいしい!」「感謝(かんしゃ)!」など、子どもたちの目に見えない力を引き出す体験型(がた)料理教室をしています。子どもだけでなく、大人も参加できる、在宅避難(ざいたくひなん)方法や災害(さいがい)時の調理法の防災(ぼうさい)教室もあるよ!出前授業(じゅぎょう)・講演(こうえん)会もしています。インスタやってます♪お楽しみ食べ物クイズもあるよ~検索してみてね!!
 問い合わせ先:kitchenlabo.mothers@gmail.com

京都新聞ジュニアタイムズ 2020年6月7日付紙面から