【資料写真】大ヒットとなった人気ソフト「あつまれ どうぶつの森」

【資料写真】大ヒットとなった人気ソフト「あつまれ どうぶつの森」

 ゲーム大手の任天堂(京都市南区)が6日発表した2020年4~6月期の売上高は、前年同期比2倍の3581億円だった。新型コロナウイルスの感染拡大による「巣ごもり消費」で自社タイトルのソフトが伸び、主力ゲーム機「ニンテンドースイッチ」の販売を押し上げた。

 発売4年目を迎えたスイッチの4~6月の世界販売台数は305万台と前年同期に比べ4割増。昨秋発売の携帯専用機「ニンテンドースイッチ ライト」を加え、全体の販売台数は568万台に伸びた。

 スイッチの販売を3月に発売した人気ソフト「あつまれ どうぶつの森」がけん引した。自宅で過ごす人が多かった時期に発売されたこともあり、販売本数は3月中の12日間だけで1千万本を突破。4~6月の販売も1千万本を超え、発売3カ月半で計2240万本が売れる大ヒットとなった。

 ダウンロード販売も大きく伸び、本業のもうけを示す営業利益は前年同期比5倍の1447億円と第1四半期として過去最高に。税引き後の最終利益は6・4倍の1064億円だった。